新着情報

今まで治しづらかった肝斑に、画期的な治療法が誕生しました。

レーザートーニングは今までのレーザーでは治療が難しかった肝斑に画期的な効果をもたらす新レーザー治療です。肌の中に滞留しているメラニンに対しておだやかに働きかけるため、悪化させることなく肝斑を薄くしていきます。

また、肝斑だけでなく、シミやくすみ等の色ムラも改善し、明るく透き通るような肌に導きます。ひらいた毛穴にも効果を発揮し、ピントハリのあるキメのの整った肌へ。お化粧ノリもグンとアップします。

「両ほほに、シミが広がってきた」
「生理前になるとシミが濃くなる気がする」
そのお肌の症状、もしかしたら肝斑かもしれません。

肝斑はシミの一種ですが、他のシミと違い、長期的な治療が必要でした。30代~40代の女性に多く見られますが、肝斑と自覚している人は少なく、今まで多くの女性の肌を悩ませてきました。
回数を重ねる度、徐々に効果があらわれます。
治療時間も短く、すぐにメイクもできるので、日常生活に支障なく気軽に治療が受けられます。
薬やスキンケアと併用することで効果が早まり、紫外線等の外部要因を防止することで再発も少なくなります。

〇レーザートーニング治療の流れ
洗顔⇒診断⇒照射15分⇒冷却⇒すぐにメイクをして帰ることができます。

肝斑やシミのお悩みがございましたら、一之江駅1分の友クリニックへお気軽にご相談ください。

医療法人三賞会 友クリニック
TEL:03-5879-4649
休診日:木曜・日曜・祝日